近距離でも引越しプランはしっかりチェック

無駄のない短距離プランを活用

東京都港区→港区、福岡県福岡市→福岡県福岡市への引越しなど、同一市内での引越しの際は、荷物を運ぶ時間も軽減されるため、引越料金はあまり掛からずに引越しを行うことができます。また、同一市内への引越し向けの短距離プランなどもありますので、そういったプランを使用して引越しを行うのも1つの方法です。

オプションサービスも意外と大事

地方の同一市内への引越しでは、地元に強い個人の引越し業者さんや、中小業者さんを利用するというのも良い方法だと言えます。ただし、クロネコヤマトの単身引っ越し引っ越しのおまかせパックのように、大手の引越し業者さんと比べて細かいオプションサービスがないこともあるので、サービス内容もきちんと目を通しておくと良いと思います。

同一市内の引越しで損しない為に!料金はこうして決まる!

見積もりの差は、最高額が最低額の2倍なんてことも!

引越料金は、引越しにかかる距離や時間、荷物量に応じた人件費、クーラーの脱着や、不用品処分などのオプション費によって決まります。引越し業者の違いによって、距離や時間に関する値段の設定、必要な人件費などに大きな差が出てきます。業者の違いによる見積もり金額の差は、5万円前後なんてことも、良くある話です。

同一市内の引越しだから、他と比べても料金は変わらないだろう、同一市内の引越しだから、何処に頼んでも安いだろうと、思うかも知れませんが、横浜市内の単身引越しであれ、その差は大きな差となります。

無料一括見積もりサイトで最安値を確認!

また、業者さんによって、近距離のお引越しに適した安いプランや、単身向けのプラン、同一市内の引越し限定プランなどもありますので、料金だけではなく、そういったプランやサービス内容も比較してみることも必要だと言えます。 だからこそ、引越し業者さんを決める際は、一括見積もりサイトを利用し、その引越しに掛かる相場や最安値などを知っておく必要があります。